川後陽菜が深川麻衣につけた最強のあだ名「聖母」優しすぎる性格が伝説レベル!

川後陽菜深川麻衣

2018年12月20日で乃木坂46を卒業した川後陽菜さん(写真右)。

川後陽菜さんは独自の視点でメンバーに的確なあだ名をつけたりしたことから、メンバーやファンに「川後P」と呼ばれ、ひときわ個性的な発言から、乃木坂46の毒舌キャラとしてとても人気でした。
そして乃木坂46の良心であり、みんなから「聖母」と呼ばれ、大人気のまま2016年6月に乃木坂46を卒業した深川麻衣さん(写真左)ですが、その聖母の名付け親が川後陽菜さんでした。

今回はそんな川後陽菜さんと深川麻衣さん(まいまい)、乃木坂46の最強コンビの感動ストーリーについて紹介していきます!

<関連記事>
「ハルジオンが咲く頃」の歌詞は深川麻衣が乃木坂46を象徴する人物だったと教えてくれる
朝ドラ女優・深川麻衣の若い頃がかわいすぎる!水着、かわいい画像まとめ!

川後陽菜が深川麻衣につけた「聖母」の誕生秘話!

川後陽菜深川麻衣

川後陽菜さんがつけたあだ名を語る上で外せないのが、深川麻衣さんこと「まいまい」につけた最強のあだ名「聖母」

これに関しては単なるニックネームを通り越して深川麻衣さんを象徴するワードとなり、雑誌に取り上げられたり、ファンの間に一気に広まり、深川麻衣さんの人気を一気に後押しする形となりました。
これは川後陽菜、川後Pとしてのネーミングセンスの素晴らしさを物語っています。

川後陽菜深川麻衣

ちなみに深川麻衣さんのことを知らない人に向けてですが、
深川麻衣さんは今時こんないい子がいるの?と思ってしまうぐらい、誰にでも優しくて愛情に溢れ、純真で、5年間ずっと一緒にいたメンバーが全員が怒ってるところや愚痴を言っているところを一度も見たことがないというほど器が大きくて、性格が良くて、メンバー、スタッフ、ファンのみんなから愛されて卒業したまさに聖母な人なのでした。

川後陽菜がテレビで深川麻衣が「聖母」であると紹介する!

2015年3月24日に放送された「乃木坂って、どこ?」に出演した川後陽菜さんは
以前より公言していた、メンバーの深川麻衣さんが好きなことをここでも発言しました。

《 深川麻衣 》 川後Pに良いところを引き出してもらえる "まいまい"

「聖母みたいな感じ」が好きだと言い、深川麻衣さんに関する画像は全部保存していることも明かし、「これから私が深川麻衣の良さを引き出していく」と宣言しています。
そしてここから川後陽菜が川後Pとして本領発揮していくことになります!

川後陽菜が深川麻衣を「聖母」と呼ぶようになったきっかけに超感動!

川後陽菜さんが深川麻衣さんのことをなぜ「聖母」と呼ぶようになったのか?
その理由はこのエピソードから始まっています。

まいまいと一緒に登校する川後陽菜 川後陽菜×深川麻衣

13歳で乃木坂46に入った川後陽菜さんは、13歳で長崎から一人で上京してきたそうです。
それまで東京には一度しか来たことがなく、13歳で一人暮らしをすることも大変で、
さらに学校も東京の学校に転校し、仕事をしながらクラスに馴染むのも、人見知りだったこともあり本当に大変だったそうです。
この頃が一番辛かったと雑誌のインタビューで話していました。

そんな大変な時期の川後陽菜さんを毎朝電車で学校の校門まで、登校に慣れるまで毎日、一緒に登校してあげていた深川麻衣さん
深川麻衣さんが乃木坂46に入ったときはすでに20歳で東京に慣れていたとはいえ、毎日一緒に登校するって、なかなかできることではないと思います。

しかも映像を見ると、ほとんどのメンバーのが付き添いのことを知らなかったみたいですね。
深川麻衣さんがそれを誰にも言ってなかったのもすごいなと思いました。
深川麻衣さんにとっては困ってる人を助けることはきっと当たり前のことだったのでしょう。

自分が一番辛かった時期に支えてくれた深川麻衣さんを慕い、母親のような大きな優しさに触れ続けたことで、川後陽菜さんは深川麻衣さんを「聖母」と呼ぶようになったのです。
心温まるエピソードで、とても感動しました。

深川麻衣(まいまい)の良さを引き出す川後P

乃木坂って、どこ?で放送された 「乃木坂エイプリルフール選手権!」
演技力向上を目的に一番嘘をつくのが上手いメンバーを決定しようという企画で、
川後陽菜ちゃんは涙まで流す迫真の演技で、まいまいの涙を誘い、まいまいを見事に騙します。

はじめは「なんで優しいまいまいを騙すんだよ」と思ったファンも多かったと思いますが

この企画で、川後Pはまいまいの溢れ出る聖母さ、本当の人の良さ、優しさを引き出す結果になり、
ここでまいまいの本物の聖母さが伝わり確信に変わり、まいまいを好きになった人も増えたのではないかと思います。

まいまいのことは騙しましたが、見事にまいまいの良さを引き出す結果になりました。
そして涙まで流して、まいまいを完全に騙した川後陽菜ちゃんは、バナナマンからも大絶賛されて、この企画で見事優勝しました!

番組企画で川後Pが聖母深川麻衣に言って欲しい言葉をプロデュース!
これは可愛すぎて破壊力が抜群ですね。男性ならイチコロでしょう!
さすが川後P!

深川麻衣「聖夜に聖母が登場!プレゼントは私♡」乃木坂46

ブログでもまいまい愛を表現し続ける川後P!

川後陽菜さんはまいまいの誕生日である3月29日には、まいまいの画像にまいまいの好きなところやいいところを書いて埋め尽くした写真を毎年アップしてお祝いしています。

川後陽菜深川麻衣

川後陽菜深川麻衣

川後陽菜さんのまいまい愛にはメンバー達も引いていると言われていますが(笑)
本当にまいまいが大好きなことが伝わって来ますし、愛が溢れていますね。

川後陽菜が卒業する深川麻衣に言った言葉がステキすぎる!

川後陽菜深川麻衣

深川麻衣さんが乃木坂46を卒業するときにNOGIROOMという番組で、
メンバーから「まいまいがもうすぐ卒業してしまうけど、どうなの?」と聞かれた川後陽菜さんの答えがすごく素敵でした。

「アイドルの深川麻衣を見て好きになったのではなく、深川麻衣の人間性を知って好きになったから、アイドルじゃなくなっても、たとえ前に出る仕事をしなくなったとしても、(深川麻衣が)ずっと幸せならばそれでいい。」

これは本当に深川麻衣さんのことを思ってるからこそ言える言葉ですよね。
こんな風に言ってもらえる深川麻衣さんも素敵ですが、これを話していた当時川後陽菜さんは17歳でしたので、17歳でこんな事を言えるのは素晴らしいなと思いました。

深川麻衣卒業シングル「ハルジオンが咲く頃」で川後陽菜がセンターに!

深川麻衣さんが卒業した後の神宮バースデーライブで、深川麻衣さんの卒業シングル「ハルジオンが咲く頃」のセンターを誰がやるのかがファンの間で話題になっていたそうです。
そしてそのセンターを川後陽菜さんが務めました。

ハルジオンが咲く頃【神宮 真夏の全国ツアー】

川後陽菜さんはアンダーでもセンターの経験はなく、これが初のセンターだったそうです。
こんな大舞台でのセンターで、しかも大好きなまいまいの曲で相当なプレッシャーと緊張があったそうですが、
川後陽菜さんが嬉しそうに歌う姿がキラキラしていてとても素敵でした!
これには深川麻衣さんのファンも、乃木坂46のファンのみんながとても感動していましたね!

バナナマンも(深川の変わりをするのは)「やっぱ川後だよな」と言ってましたね!

大役を果たした後の川後陽菜さんのブログも、深川麻衣さんへの愛情が詰まっていてとても素敵でした!

「花言葉は、追想の愛」 川後陽菜ブログより引用

私の中で一番の思い出は
ハルジオンが咲く頃
センターでやらせていただいたということ
 
深川麻衣という
存在は乃木坂にとって
とても大きな存在で
かつ、
ハルジオンが咲く頃は
とても大事な意味のある曲
そこのポジションにはいるっていうのは
不安とプレッシャーで押し潰されそうだった
 
大好きなまいまいを
ずっと見てきたからこそ
そこに代わりに入るってことが
どう見られるのかどう捉えられるのか
なんとなく考えついてしまって
うわああああってなったけど
 
メンバーやスタッフさんが
背中を押してくれて
たくさんたくさん
「ひな頑張れ」ってゆってくれたので
 
せっかく
大好きなまいまいのポジションに
入れるチャンスもらったんだから、
全うしたいなとやらせてもらいました。
 
 
会場に広がる
サイリウムの白と黄色でできた
ハルジオンは一生忘れない素敵な景色だった
 
まいまいにも
神宮球場にとても綺麗な
ハルジオンが咲いたよって伝えました。
 
あとね、
ステージ裏で
大好きなスタッフさんたちが泣いてたこと
が愛を感じ幸せだなっておもったよ。
 
賛否あると思うけど、
 
やらせていただいて光栄だった
 
まいまいを思いながら
みんな一体となった会場の素晴らしさに
胸打たれました
 
 
なんで川後、
川後かよ、
と思われてたとしても
 
君のことをずっと覚えてる
 
改めて大好きだよ
 
ハルジオンが
会場に咲いて
君のことを思い出してた
いつも側で微笑んでた
日向のような存在
心 癒してくれた
白い花の可憐さ”
 
ということを
私は深川麻衣に対しておもったし
それをみんなが同じように思えた瞬間であればいいなと
 
なので
 
私は私なりに
ハルジオンが咲く頃をやった。
深川麻衣に代わりはいないから
 

卒業後も続く、川後陽菜と深川麻衣の絆に感動!

12月16日に開催された、乃木坂46の川後陽菜卒業記念トークイベント『ひなめろらんど』
になんと深川麻衣さんがゲストに来てくれたのでした!

川後陽菜深川麻衣

このイベントは、12月20日に乃木坂46を卒業する川後陽菜さんが、今まで自身を応援してきた「ひなめろ」(川後ファンの愛称)へ感謝の気持ちを込めて、
川後陽菜さん自身が企画から、場所探しから、全てを行い、川後Pプロデュースで開催したものでした。

乃木坂46の川後陽菜の歴史は、まいまいの歴史でもあるといい、まいまいをゲストに呼んだのですが、番組内容も川後陽菜のことではなく、9割がまいまいとの思い出話で笑えましたが、ファンには大好評でした!

このイベントは、SHOWROOMにて独占生配信されたのですが、8万7000人の視聴者を集めて大大大盛況に終わりました!
深川麻衣さんが卒業後に乃木坂46のメンバーと共演することが初めてだったこともあってか、川後Pとしての有能さを最後に見せつける形になりました!

まいまいは女優業が忙しい中、ゲストで出るとこを快くOKしてくれたそうです。
さすが聖母ですね!
川後陽菜ちゃんは番組中は終始嬉しそうでしたが、
まいまいが川後陽菜ちゃんを見守る目や姿、言葉に優しさが溢れ出ていて心温まりました。
川後陽菜と深川麻衣の2人の絆が本当に本当に素敵だなと思いました!

個人的にですが、まいまいが川後陽菜ちゃんを呼ぶときの「ひな」って言い方が好きです(笑)。

川後Pとして実績を残してきた川後陽菜さんの卒業後の活躍に期待しています!

<関連記事>
「ハルジオンが咲く頃」の歌詞は深川麻衣が乃木坂46を象徴する人物だったと教えてくれる
朝ドラ女優・深川麻衣の若い頃がかわいすぎる!水着、かわいい画像まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする